FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト照明器具  »  我が家のランタン事情
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンプを始めるずっと前。

いざという時の防災グッズとして購入したのがGENTOSのEXP-777というLEDランタンでした。

GENTOS EXP-777


キャンプを始めるときに、お薦めランタンをネットで調べたところ、何とこのEXP-777が上位に入っていたのでそのまま使うことにしました。

しかし、さすがにこれ一灯だけでは少々暗く、もう一つ買い足すことにしました。

このときは、まだ焚火を始めていなくて、食事の後はスクリーンタープの中でトランプやすごろくで遊ぶパターンでしたので、買い増し候補はLEDランタン一択。

色も暖色系LEDの方がキャンプにふさわしいということで、またもGENTOSにすることに。

ただ、このときはちょっと奮発してリモコン操作が可能なEXP-700RCを購入しました。

GENTOS EXP-700RC


理由は、就寝時にいちいち立ち上がらず、リモコンで消したいと思ったからです。

当時は、そこそこの時間にテントに入ってしまい、子供と妻が先に寝て、私が最後まで起きているというのがパターンでした。
ゴロゴロしながら本を読んだり、ネットを見たりして、いざ寝ようという時に、またシュラフからでなくてはいけないのが面倒だと感じたからです。

目論見は大成功で、しばらくは便利さを満喫していました。

ただ最近は、テントを小さくしたので、寝たままでも手が届くため、リモコンは全く使っていません。

その次に購入したのが、我家初の燃料式ランタン、SOTOのST-233というカセットガス式のランタンです。

SOTO ST-233



スクリーンタープの場合、中でEXP777クラスのランタンを、ホヤを外して逆さ吊りにして1つ点灯しておけば、周囲の壁に反射して、タープ内が全体的に明るくなります。

しかし、オープンタープだったり、焚火の周辺の様に、壁が何もないところでは、LEDランタン1つでは結構暗いと感じてしまったからです。

このランタンは、CB缶が使えて、マントルも壊れにくくて、一応ブースターも付いているのでちょっとくらい寒くても使えてと、良い点も多いのですが、絶対的な明るさという点では、他のOD缶のランタンやガソリン式のランタンに劣ってしまうようです。
周りのサイトでコールマンなんかを使っている方と比べると明らかに明るさという点では見劣りがします。
ガスの燃焼音が雰囲気があっていいという点では満喫できるのですが、明るさを求める方にはあまりお勧めできないかなというのが使ってみた感想です。

また、それほど明るさを求めないというのであれば、全てLEDを使うという選択肢もあります。最近はLEDもどんどん明るいものが出ているので、無理して燃料式を使わなくても、ALL-LEDという選択肢もありになってきているように感じます。

たとえばこんなのとか
GENTOS EX-1000C

LEDの場合は、ホヤを外して逆さづりにしたり、懐中電灯の様に方向性を持たせて照射することもできるので、効率よく光を使えば結構いける気がします。

もっとも、我が家ではここまでの明るさを必要としていないので、購入予定はありません。

代わりといっては何ですが、4台目のランタンとして購入したのが、再びLEDのGENTOS SOL-013Cです。

GENTOS SOL-013C


それまでのGENTOSと言えば、暖色系LEDのシリーズと、白色lEDのシリーズで機種が異なったのですが、今回のモデルは1つもランタンの中に暖色と白色のLEDを搭載し、両方同時に点灯すると昼白色が実現できるというモデルです。
暖色LEDが340ルーメン、白色lEDが250ルーメン、同時点灯で530ルーメンという仕様のようです。

EXP-777や700RCが暖色のみ280ルーメンで、価格は半額以下なので、単純に増灯したいだけであればEXP-777がお薦めなのですが、今回我が家には違う目的がありました。

夜間に焚火&バーベキューを始めて気が付いてのですが、暖色LEDだと肉の焼け加減が分かりにくいのです。

まだ赤いのか、しっかり焼けたのかの判別が難しいんです。

そこで、基本的には暖色LEDが良いのですが、食事の時だけは昼白色で正しい色が見える照明が欲しくなったのです。

目論見通り、きちんと色が見えるようになったので、安心して肉が食べれるようになりました。

そして、つい最近購入したのがこちら。
先日紹介したGENTOSのEX-1977ISです。

GENTOS EX-1977IS



ホヤが脱着出来るところも、逆さ吊りが出来るところもEXP777と同じです。
明るさは小さなテントなら十分すぎるほどあります。
電池が新品ならLowで良さそうです。

番外編はこちらのランタン。
スマイルLEDランタン


息子専用のランタンです。
おもちゃかと思いきや、ホヤは外せませんが、逆さにして吊るせたり、色が何色にも自動的に切り替わったりと、結構本格的な機能を持っています。

初代は子供の使い方が悪く、帽子の部分に当たるプラスチックが欠けてしまったので、現在は二代目を使っています。
単色モデルと、カラフルな多色モデルがあるようです。

結構使っている子供さんが多いようで、他のサイトでも使っているのを数回見かけました。

本日の結論
  • 少し暗いくらいの雰囲気を楽しみたいなら、EXP777級の暖色LEDランタンを複数個使用するというのもあり
  • LEDランタンを購入する際は、ホヤを外して逆さ吊りに出来るものが明るくて使いやすい
  • 料理には昼白色の照明を
  • 子供には専用ランタンを持たせてあげると大喜び
  • CB缶ガスランタンST-233は雰囲気はあるが明るさは今一つ。LED複数の方が良さそう。
NEXT Entry
我が家のタープの変遷
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。