FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトブルーレイレコーダー  »   DIGAと外付けHDDの相性について(後半)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、チューナー視聴中に突然発生したUSB-HDDのエラー

「USB-HDD取り外し、または、ディスクの傷・汚れ・品質などの理由で、直前の録画やダビングの一部記録されていない可能性があります。ディスクに問題がある場合には、他のディスクをご使用ください。(パナソニック製ディスクのご使用をおすすめします)決定ボタンを押してください。」

について、一息ついて考えてみました。

まずは現状確認です。
  • 録画中でも、再生中でも無い時に突然発生
  • 3回発生したが、いずれもチューナーで番組を見ていただけの時に突然発生
  • USB-HDDから番組が消えた形跡は一切なし
  • USB-HDDの再生や、データ転送には全く問題が発生していない
次に、ちょっとリスクを伴いますが、テストを実施します。
  • チューナーで番組視聴中に、おもむろにUSB-HDDのUSBケーブルを抜いてみる。
3回テストしたうち1回だけ、冒頭で紹介したメッセージが表示されました。

後の2回は何事もなく、再び線をつなぐと認識しました。

これらから、以下の様に推測しました。
「DIGAは、突然、チューナー視聴中は全く用がないはずのUSB-HDDに、不意打ちでアクセスを掛ける」
「ずっとアクセスが無かったUSB-HDDがスリーブモードに入っていると、その返事が遅れる」
「DIGAはUSB-HDDが取り外されたものとして警告を表示」

という現象が起こっていると見ました。

今回購入したHDDは、しばらく使用していないと、アクセスランプの電源がOFFになる超省エネ仕様です。

今までDIGAで使用していたUSB-HDDは、DIGAの電源がOFFになるとHDDの電源もOFFになる連動仕様でした。
逆に言えば、DIGAの電源が入っている限り、HDDの電源ランプはOFFにならない仕様でした。

おそらくここにとがいがあるのだと思います。
BWT-510に接続しているHDDを確認してみると、やはりDIGAの電源が入っている間は、ずっとUSB-HDDの電源も入っていました。

本日の結論
  • DIGAは電源が自動的にOFFになってしまう超省エネタイプのUSB-HDDと相性が悪いらしい
NEXT Entry
DIGAと外付けHDDの相性について(対策)
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。