FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトXperia Z ultra  »  我が家の新Android端末、その名は
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Xperia Z ultra (SGP412J)です。LTE版も発売されていたり、SIMフリー端末もあるようですが、懲りずにWi-Fi版を購入しました。



もともと、今回の端末探しは、クリスマスから正月のセールで、今使っているnexus7(2012)の代わりになる端末を格安でゲットできると良いなぁというくらいで始まりました。

ただ、前回の記事でも書きましたが、これといった不都合を感じておらず、nexus7-2012のバッテリー交換でも良いんだけど、なんか新しいものが欲しいというレベルです。

第一選択肢はnexus7の2013モデルになるのですが、
意外と安くならないんですね。

Wi-Fiの16GBモデルで19,800円くらいで、要は2013年モデルが、発売から1年経って、2012年モデルの発売当初と同じ価格にまで下がってきたというところです。

今回は32GB版が欲しかったのですが、こちらは+6,000円程の26,000円程度での販売でした。nexus7に関しては、クリスマスセールだろうが、初売りだろうが、ネット通販だろうが、ほとんど価格が変わらずに、あまりお得感がありません。
それどころか、在庫が急激に減ってきているのか、店頭はどこも売り切れで取り寄せも微妙という感じで、ネットでさえも価格が上がる傾向があります。

ますます、nexus7の2012のバッテリー交換で良いやという気になってしまいました。

店頭では、その辺を狙っているならメモリーは16GBだけど、ASUSのMeMO Pad 7(ME572C)がお薦めとのこととですが、あまり気乗りはしませんでした。
今の端末に比べて、これという特徴が無いのです。

そんな中で、唯一ちょっと気になった端末が、Xperia Z ultraです。

店頭で7-10インチの各国のタブレットが並ぶ中、ちょっと細長く、薄くて、軽くて、特徴のあるサイズのタブレットが私のことを呼んでいました。

特大携帯電話というべきか、小さいタブレットというべきか、いわゆるファブレットと言われるものから、電話機能を外してWi-Fi版としたもので、価格はヤマダ電機だけがポイント還元分を差し引いて実質3万円前半と安めの設定、他の販売店は、実質3万円代中盤と言ったところです。
出せても2.5~3万円の予算だったので、ちょっとオーバーですが、買えない額ではありません。

実家の近所のヤマダ電機には在庫がありませんでしたので、帰省中の衝動買いとはなりませんでしたが、その後、自宅近くの店で聞いてみたら、白なら在庫ありとのこと。

発売してから既に1年以上が経過した、いわゆる旧モデルにもかかわらず、3万円。
本来なら購入することはないような端末なのですが、店頭で見て触れて、その結果連れて帰ってきてしまいました。

SONYのPC関連はVAIOのC1以来ですね。ビデオカメラやテレビはSONYですが、PC関連では十数年ぶりです。

本日の結論
  • 新端末は、旧モデルのXperia Z ultra
NEXT Entry
Z ultraのGPSがおかしいようなきがする
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。