FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト照明器具  »  キャンドルランタンの脱ロウソク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロウソクを使うからキャンドルランタンというわけですから、ブログタイトルはおかしいような気もしますが・・・
最後まで呼んでいただけると納得できるかと思います。

さて、タイトルのようなことを本気で考え始めたのは、買ったばかりのキャンバスチェアにロウを思いっきりこぼしたときです。

椅子の右側にあったサイドテーブルの上のキャンドルランタンを、椅子の左側にあったコンテナにしまおうとしたときです。
なんでだったか理由は忘れましたが、途中で急に手を止めてしまいました。

このとき、慣性の法則が正しく働いて、まだ液状になっていたロウがカップから飛び出し、キャンドルランタン本体はもとより、ズボン、椅子、アームカバー、コンテナ全てにロウが飛び散りました。

被害の大きさを確認したのは翌朝です。

あっちこっちが白くなっていました。

このとき、脱ロウソクを誓いました。

最初に考えたのは、燃料式のランタンに変えることです。

先ずはガス。

雰囲気を出すという点では、マントルを使わないタイプであることが条件です。

ソト G'z Gランプ・スプレッド STG-28


コールマン ルミエールランタン 205588


特に、ルミエールランタンは、かなりいい雰囲気を出してくれそうです。
サイズできにはちょっと大きく、サイドテーブルランタンとしてはどうかとも思わなくはないですが、
正直、これにしてしまおうかと思いました。

しかし、これではテーブルランタンとしてあまりにも当たり前すぎて、ブログネタとしても面白みに欠けるということで、何かほかにないかと探してみました。

次に考えたのが、オイル(灯油)系のランタンです。オイルランプとも言われます。

最も有名なというか、良く見かけるのが「ハリケーン」というタイプです。

キャプテンスタッグ ランタン 小 ブロンズ M-8357


いかにもキャンプっぽい雰囲気が素敵です。

さらに、通常この手のランプはサイズが大きいのですが、このキャプテンスタッグの「小」はかなり小さく、私が色々調べた中では最小でした。

これならサイドテーブルにも置けるはずです。

ところがこのハリケーンランタン。調べてみると結構気難しい道具のようです。
色々と分解や調整がいるようです。

そういう道具は嫌いではないですが、焚火をやりながらの一杯を楽しんでいるときにごちゃごちゃやる羽目にはなりたくないなぁというのが正直なところ。

もっとシンプル、出来ればキャンドルランタン並みに・・・
と探していて見つけたのがこちら。

ランタン型ミニオイルランプS


キャンドルランタンに、キャンドル型のオイルランプを組み合わせただけというシンプルさです。
当然サイズはキャンドルランタンと一緒で、超小型です。

既にキャンドルランタンは持っているので、キャンドル型だけしたオイルランプだけ打っていないかと検索してみると・・・ありました。
ルナックス オイルランプ mini ミニ MTG-4(4時間用)


これぞまさに求めていたものです。
商品より送料の方が高いのが気になりますが、シンプルさといい、故障のしにくさといい、ブログネタとしても、まさにぴったりです。

本日の結論
  • キャンドルランタンの脱キャンドル化は、キャンドル型オイルランプを使うことに決定
NEXT Entry
キャンドルランプの液体燃料化 第一号
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。