FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大人用コンデジ(XQ1)  »  XQ1に貼り革をつけると、あら不思議
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、XQ1のシルバーモデルは、mac風の高級仕上げと取る人もいるかもしれないが、私は最初に見たときにアルミ鍋の表面と同じように見えたと、まぁ、ファンの方が聞いたら怒りそうなことを書きました。

店頭で現物を見ないでカメラを買ったのは初めてで、富士フィルムのXシリーズに抱いていた高級感とちょっと違ったというのが本音です。

まぁ、数日使って見なれてくると、これはこれで良いんじゃないかと思うようになってきました。

プラスチックの塗装品とは違い、やはり金属ならではの質感がきちんと伝わってきます。

最初にS100のチタン風の金属ボディーにも違和感を感じた覚えがあるので、大半は慣れの問題のようです。

そして、ちょっと慣れてくると、いつもの病気(?)が出て来ます。

それは、「コンデジだけどクラシックなフィルムカメラスタイルにしたい」という、あれです。

前回は、キャメル風合成革の安物の速写ケースをつけました。

これはこれでかなりお気に入りだったのですが、一つだけ欠点がありました。

本格的な撮影時には良いが、出張の合間の撮影には使いにくい

ということです。出張時のためのカメラとして、そもそもどうなのかという感じですね。

まぁ、前回は、休みの日はケースに入れて趣味用に、出張の時はケースを外して実用的にと思っていたのでこれでよかったのですが、今度は出張の時も一味違った外観にしたいと思うようになってきました。

なんたって、末っ子とはいえ、富士フイルムのXシリーズです。
実はXシリーズで、貼り革がされていないのはXQ1だけです。

ここは、仲間に入れてあげたいところです。

と、思って調べてみると、純正ではありませんが、専用のキットが販売されています。

しかも、グリップ付きもあります。

これは買うしかありません。

本体がシルバーである以上、私としては色は黒です。

悩んだのはグリップの有無です。

グリップがある方(FUJIFILM XQ-1用レザーグリップ)が便利だし、今時のカメラっぽいです。

グリップがない方( FUJIFILM XQ-1用貼り革キット)は、私も所有しているFM3Aなどちょっと前のカメラっぽく見えて、これはこれで魅力的です。

うーん、どっちにしよう

と、数日間悩んだ結果、シンプルスリムで財布にもやさしい「グリップなし」を選択しました。

注文日から中一日挟んで翌々日に到着しましたので、早速貼ってみました。

動画サイトに投稿されていた「貼り方ビデオ」によると、アルコールで清掃した後、シール側にうっすら水をつけて貼るのがコツだそうです。

水のおかげで粘着力が弱まるので位置決めが簡単になります。

液晶のフィルムなどよりはるかに簡単に張ることが出来ました。



なかなかのルックスに変身しました。
これで、S100より格好良くなりました。

並べてみると、レンズ径による迫力も加わって、XQ1の方が良い感じに見えます。


実際のユーザーが見ることになる背面は何も変わりませんが、ケースに出し入れするときや、部屋に置いておくときの雰囲気がとても良くなりました。

FM3Aと並べてみると

さすがにメカメカしさで大きく負けますが、雰囲気は出ているように思います

メーカーこだわりの2色で表示した自慢のXQ1ロゴが見えなくなってしまうので、設計サイドは悲しみそうですが…

本日の結論
  • XQ1のシルバーは貼り革で化ける
  • 貼り革は水で濡らすと貼りやすい
NEXT Entry
XQ1のストラップは難しい
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。