FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大人用コンデジ(XQ1)  »  富士フイルムXQ1で何が変わったか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日故障したCanon Powershot S100の代替としてFujifilmのXQ1を購入しました。
S100は2011年の12月8日、XQ1が2013年の11月23日の発売なので、両者には約2年の時間差があります。

単純にスペック比較を行うのであれば、Canonの方は2013年の9月に発売されたS120と行うのが公平なわけですが、今回はS100ユーザーだった私が、XQ1に買い換えたことによって何が変わるのかに注目して比較してみました。

余談ではありますが、先ほどFujifilmのXQ1のサイトを見たところ「生産終了」と追記がありました。

いつもカメラは、発売されてすぐではなく、しばらくして値段が落ちて来てから買っていますが、買った直後に生産終了になったのは初めてです。

同時にXQ2でも発表するかと思えばそれもなく、気が付けば富士フイルムのラインナップから、沈胴式レンズのコンデジが完全になくなって、常時レンズが出ているタイプだけになっていましたね。

さて、気を取り直して、私の視点で見た比較です。
他にも違いはたくさんありますが、私が気になった部分だけ比較しています。

各項目についてより望ましいと思う方に色をつけました。
項目FujiFilm XQ1Canon S100感想
寸法100.0x58.5x33.398.9x59.8x26.7ほぼ同サイズですが厚みがあることでXQ1が一回り大きいように感じる
重量187g/206g173g/198gわずか10gですがXQ1は重く感じます
カラーアルマイトチタン風私から見るとS100の方が高級感あり
バッテリー容量3.6V,1010mAh3.7V,1120mAh
充電時間140min125min充電は速い方が良いです
撮影枚数240枚200枚どちらも電池の持ちがよくありません
センサー2/3型X-Trans
CMOS II
1/1.7 CMOSどちらも自社センサーです
画素数1200万1210万1200万画素もあれば十分です
ISO感度100-1280080-6400私は高いほうより低いほうを重視したいです
RAW記録可能私は使いませんが・・・
動画形式H.264+リニアPCM(ステレオ)DIGAで取り込み可能です
動画フレームレート
1920x1080時60fps
640x480時80fps
320x112時250fps
1920x1080時24fps
640x480時120fps
320x240時240fps
ハイスピード動画はS100の方に軍配
パノラマ120度,180度,360度不可景色のいいところではパノラマが撮りたくなります
NDフィルターなし 1/8(3段)屋外でF1.8で撮影したいときには必須です
解放F値F1.8-F4.9F2.0-F5.9
最小絞り全域F11まで全域F8.0までコンデジでF11は珍しいかも
最短撮影距離
3cm(広角)~
50cm(望遠)
3cm(広角)~
30cm(望遠)
望遠でも近接撮影が出来る方が良いです
シャッタースピード30-1/400015-1/2000長時間シャッターが切れるのはありがたいです
デジタルズーム4倍普段は余り使いません
手ぶれ補正レンズシフトやはりレンズシフトが一番良く効く気がします
連写12枚/sec 9枚
3枚/sec 200枚
9.6枚/sec 8枚
2.3コマ/sec
普段はほとんど使用しませんが、イルカショーでの当りが増えそうです
ブラケティングAE
ISO
フィルムシミュレーション
ダイナミックレンジ
AE
フォーカス
フィルムやダイナミックレンジは使えそうです
AFTTLコントラスト+位相差AFコントラスト期待の項目ですね
AF補助光白色赤色白はまぶしいので気が引けます
露出補正±3EV3段あると便利なので助かります
フラッシュ手動ポップアップ電動ポップアップ個人的には手動の方が好きです
モニター3型92万ドット3型46.1万ドット圧倒的にきれいになりました
WiFiIEEE802.11b/g/nなし出先でiPodやnexus7に簡単に転送できるのが良いです
GPSなし
(但しスマホからGPS情報転送可)
ありS100でもバッテリー消費が激しく使いませんでした
ストラップ取り付け場所両脇に計2か所ネックストラップを付ける場合には二箇所必須です
ストラップリング使用可使用不可一眼用のクラシックなストラップをつけるなら使えたほうがいいです
コントロールリングクリックなし(無段階)クリックあり無段階の方がMFなどの操作感は良いが、F値/SS/ズームなどはステップ操作のほうが分かりやすい
MFアシスト拡大+エッジ強調画像処理拡大+およその距離表示 MF合わせは画像処理ありが良いが、無限遠設定は距離表示が良い
こう比較してみると、思ったよりカタログスペックに差がないということに気が付きます

デジタルもので2年差があると、相当なスペック差が出ると思っていたのですが・・・

富士フイルムの進化が遅いとか、Canonが二歩も散歩も前を言っていたという考え方もできるかもしれませんが、カタログに現れるスペックが頭打ちになっているとも考えられます
ちょっと気になるので次回はS100とS120を比較してみようと思います。
本日の結論
  • XQ1とS100はカタログスペック上、思ったよりも差が無い
NEXT Entry
XQ1とS100とS120を比較すると・・・
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。