FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト焚火  »  安全金矢と石頭ハンマーの組み合わせは最強です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪割の最終兵器、金矢をさっそく使ってみました。

薪割り台は、いつもお世話になっている材木屋さんのご厚意で譲っていただきました。
早速石頭ハンマーで、ケヤキとクヌギの中割り薪に挑んでみたところ・・・

驚きのパワーです。

これさえあれば、節の塊でなければ、どんな樹種でも割れそうな気がします。

手斧の場合は、下手に力を入れると、危険な感じがするので、薪と斧を一緒に持ち上げて、落とし、斧の自重で割るという使い方になります。


両手斧のように、薪を立てておいて、大きく振りかぶって、思い切り薪に叩きつけるような使い方が出来れば、手斧でもかなりの難敵でも割れるのでしょうが、それではあまりにも危険です。

また、思ったところに正確に打ちつけるには、かなりの熟練が必要になります。
私のような素人では、狙った場所どころか、薪そのものを外さないようにするだけで手一杯です。

対する金矢の場合は、振り回すのはハンマーですから、斧ほど危険度は高くなく、安心して振り回せます。
また、金矢は予め、薪の割りたい部分にあてがっておくわけですから、思い通りの場所に打ち込むことが出来ます。

使用前


使用後


金属同士をたたきつけるので、金属の打撃音を周辺に響いてしまいますが、比較的安全で、簡単で、パワフルで安価な薪割りの方法だと思います。

効率やスピードという点では、両手斧には遠く及ばないとは思いますが、キャンプの薪はそれほど量が多いわけではないので、これがベストだと思います。

でも、やはり危険はあります。
金矢+石頭ハンマーで薪割りをする場合の危険ポイントとしては
  • 金矢を持った手をハンマーでたたいてしまう
    • 正直、石頭ハンマーはヘッドが広いうえに、金矢の叩く部分も面積が広いので、まず外すことはないと思います
    • でも、革手袋は必須です
    • 心配な場合は、安全金矢なら別売りハンドルを付けることで回避できます
  • 割れた薪が飛んでいく
    • 両手斧の場合と同じです。
    • 割れた瞬間に、横方向に飛ぶことがあります
    • 横に人や壊れやすいものが無い状態で行う必要があります
  • 金矢が飛ぶ
    • これが一番危険です
    • 最後の一撃で、気持ちよく薪がパッカーンと割れると、金矢がフリーになり、どこに飛んでいくか分かりません
    • 特に割った薪が横方向に飛んだ場合、金矢も一緒にどこかに飛ぶ可能性があります
    • 1.5kgもある鉄の塊に、刃が付いたものが飛べば、当ったら痛いでは済まないかもしれません。
    • 叩く角度によっては、薪が真っ二つになると同時に、薪から飛び出してきた金矢が、足元に向かって飛んでくる可能性もあります
最後の危険については、何らかの対策を考えることにします

本日の結論
  • 金矢と石頭ハンマーの組み合わせは、キャンプレベルの薪割りでは最強の方法
  • ただし、安全のために使い方に一工夫が必要

NEXT Entry
金矢を使った薪割りの安全対策
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。