FC2ブログ

[趣味のアイテム 紹介/レビュー] 使ってみたらこうだった

| Archives
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトテント・タープ  »  テントの中で扇風機
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼間はタープの下や木陰、それでも駄目な時は水場など、涼しいところを求めて移動するのでまだ良いのですが、寝るときだけは場所が固定されます。

標高が高く、夜になるとかなり冷え込む場所なら良いのですが、最近の気温上昇のせいもあってか、夜になっても蒸し暑いキャンプ場も多いようです。

我が家も自宅に近いところでキャンプをするので、夜間の気温は結構な問題になっています。

自宅が山や川が近い、夜間になると比較的涼しい場所にあるので、下手をすると自宅よりもキャンプ場の方が蒸し暑いということもあります。

とはいえ、都会の熱帯夜ではないので、そよかぜでもいいので、風さえ吹いていてくれて、テント内の換気がうまく出来ていれば、なんとか眠ることはできます。

ところが、日によって、時間帯によっては、そよかぜさえも吹かず、眠れない夜となることがあります。

たまたま先日、ポップアップテントを試した日は、テントの換気のせいもあってか、なかなかに寝苦しく、苦戦を強いられました。

以前から普段使用しているビジョンピークスの大きなドーム型テントは、インナーの出入り口と天井と両脇にメッシュに出来る換気口があります。

またフライにも天井に近い部分に換気口があったり、すそ部分もインナーから離して設置できるようになっていたりして、ベンチレーションにはかなり気を使ったモデルとなっています。

これに対し、ポップアップテントはインナーが出入り口のみのメッシュで、フライは両サイドの裾のわずかな開口部しかありませんので、その差かもしれません。

ただ、そのドームテントをもってしても、寝れない日は寝れないので、やはり強制換気を考えたくなります。

そこで、登場するのが、この手のバッテリー式扇風機、もしくはサーキュレーターです。

Coleman CPX6テントファン


しかし、残念ながら、これだとポップアップテントでは使えません。
もっと小型で、天井からぶら下げられるものもありますが、風に当たりっぱなしというのもどうなのかという気がします。

そこで考えたのが、日頃会社でお世話になっているUSB扇風機です。

SANWA SUPPLY 首ふり扇風機 USB-TOY56BKN


最近のUSB扇風機は、全てではないですが、結構良いものがあります。
  • 静音
  • 風量調節可能
  • 首降り可能
  • 乾電池駆動が可能
  • 思ったより長寿命
私が使っている、サンワサプライのUSB首降り扇風機は去年から2シーズン、毎日数時間使っていますが、いまだに壊れません。
(多少首降りしたときに、音がするようにはなりましたが)

キャンプ場で、ファンの音を一晩中轟かせているのはどうかと思いますが、音の静かな卓上USB扇風機であれば、虫の声や水の音にまぎれてしまい、2mも離れれば全く聞こえなくなってしまうでしょう。

御近所への迷惑にもならないと思います。

早速試してみることとしました。

今回実際仕様した扇風機はこちら

siroca USB卓上扇風機 SDF-127


何故これにしたかというと、現状サンワで満足しているが、ちょっと変わった違うメーカーのものも試してみたかったというのと、本体がサンワのものよりコンパクトで、しっかりとしたボール紙の箱に入っていたからです。

キャンプで使うので、しっかりした箱に入っていて、本体が頑丈そうなのはポイントが高かったです。


これに組み合わせるのがこちら。

バッファロー モバイルバッテリー5200mAhタイプBSMPB04BK

バッテリー残量インジゲータが無いため、最近めっきり使わなくなっていました。

天井からぶら下げることを考えると、本体を出来るだけ軽くするためにバッテリーは別置きが良いと思ったからです。
(そもそもサンワと違ってシロカのこのモデルは乾電池に対応していないということもあります)

シロカの扇風機は消費電流300mAとあるので、適当に計算しても10時間近くは持ちそうです。

このように、入口のメッシュの前に逆さまにしてぶら下げて、首降りで一晩使ってみました。

ぶら下げるために使ったのは、コンベックスベース(私の周りではペッタンと呼ばれています)で、普通はインシュロックと組み合わせて、配線を固定するために使うものです。
これを2つ使ってみました。

夜11時から朝6時まで使いましたが、バッチリ回り続けていました。
それからもしばらく子供が使って遊んでいましたが、まだバッテリーは大丈夫なようでした。

この日も結構蒸し暑かったのですが、フライの出入り口の上の方を少し開けておき、この扇風機を回したところ、快適に朝まで寝ることが出来ました。

本日の結論
  • USB扇風機はモバイルバッテリーと組み合わせて一晩中運転可能だった
  • 扇風機で外の空気を取り込むと、テントの中が蒸す日でも少しはマシだった

念のため注意です。
モバイルバッテリーと組み合わせるのも、連続で何時間も運転するのも、逆さづりにして使用するのも、メーカーの想定している使い方からは外れていると思います。
参考にされる方は、ご自分の判断で事故が無いように工夫して使ってください。
例によって例のごとく、この記事はこのように使っても問題ないことを保証するものではありません。私が使ってみたらこうだったという例ですので悪しからず。
NEXT Entry
椅子が壊れました
NEW Topics
アウトドアリュックサック
新しいモバイルバッテリーをゲットしました。
だからiTunesのバージョンアップは・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱちゃぽ

Author:ぱちゃぽ
自称技術屋の子持ちオヤジが、趣味や実用で購入したグッズを、実際に使ってみてレポートします。

面白いと思ったら拍手ボタンコメントで応援して下さい。

質問や雑談、大歓迎です。

ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 PC家電ブログ AV機器(・家電)へ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。